/

グーグル、過去2年で48人をセクハラで解雇

【シリコンバレー=中西豊紀】米グーグルは25日、過去2年間でセクハラに関与した社員48人を解雇したことを明らかにした。そのうち13人は上級管理職以上だという。いずれも退職金はもらっていない。スンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)が社内にあてたセクハラへの対応についての電子メールをグーグルが日本経済新聞社などに公開した。

同社を巡っては同日、米ニューヨーク・タイムズがアンドロイド基本ソフト(OS)の開発で知られる元幹部のアンディ・ルービン氏のセクハラ問題を掲載。同氏が2014年にセクハラを理由にグーグルを去った際、9000万ドルの退職金を受け取っていたと報じた。

ピチャイCEOのメールはこの報道を受けたもの。同CEOはメールで「権限を持った人による不適切な行為については近年、より厳しい姿勢で臨んでいる」と社内の方針を説明した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン