/

VW、ウェイモに出資検討 独誌報道 韓国電池大手と電池工場も

【フランクフルト=深尾幸生】独経済誌マネジャーマガジンは25日、独フォルクスワーゲン(VW)が米グーグル系の自動運転開発会社ウェイモに10%の出資を検討していると報じた。電気自動車(EV)用の電池では韓国のSKイノベーションと共同で欧州に工場を建設することを検討しているとした。実現性は不透明だが、次世代の自動車技術に対するVWの強い危機感がうかがえる。

VWは日本経済新聞の取材に対し「臆測にはコメントしない」と答えた。

マネジャーマガジンによると、VWのヘルベルト・ディース社長がウェイモとの提携を望んでいるという。ただ、10%の出資は120億ユーロ(1兆5千億円)に相当し、社内での合意は得られていないとした。

EVの中核部品となる電池セルでは、韓国3位のSKイノベーションと共同で欧州に工場を建設するため数十億ユーロの投資を検討しているという。VWは2025年に300万台のEVを販売する計画を掲げる。電池は韓国のLG化学などから調達する方針だが、外部依存し続けるのはリスクが高いという見方もある。

それぞれの検討が事実だとすれば莫大な投資が必要となる。だが、最近のディース社長の発言はこうした投資の必要性を裏付ける。

ディース社長は16日、業界イベントで「かつて強かった英国やイタリアの現状をみてほしい。このままでは10年後にドイツの自動車業界が強い地位を保てる可能性は50%だ」と述べ、危機感をあらわにした。

南ドイツ新聞のインタビューでは「米国や中国が我々の地位を脅かしている」と指摘した。念頭にあるのはグーグルや米テスラ、中国の百度(バイドゥ)や騰訊控股(テンセント)などの新興勢力だ。

ディース氏がトップを兼ねるVWの中核のVW乗用車ブランドは25日、25年までに販売台数の半分をSUVにすると発表した。現在は2割にとどまる。世界的に売れ筋になっているSUVを相次いで投入することで、次世代技術開発の原資を確保する狙いだ。VWが大きな決断をする日も遠くないかもしれない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン