自動車税の恒久減税、経産と総務が激突
経産省は一般車優遇の新案 総務省「財源出せ」と一蹴

2018/10/26 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2019年度税制改正の重要なテーマである自動車税の恒久的な減税で、経済産業省と総務省の対立が深まっている。自動車業界と経産省は消費増税対策とは別に、自動車税を大幅に引き下げるよう要求。ただ「財源案がない限り交渉に応じない」とする総務省は折れそうにない。経産省は排気量に応じて減税幅を変える新提案を示したが、議論の着地点は見えない。

経産省と日本自動車工業会は消費増税後の需要減対策も求めている。増税…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]