/

秩父鉄道、臨時列車内で短編映画や音楽

秩父鉄道は11月4日、車両内で短編映画や音楽などを楽しむ臨時列車「ちちてつアーティスティックトレイン」を運行する。熊谷駅から秩父駅まで走行する間、車中で「芸術の秋」を楽しめる企画とした。

臨時列車は3両編成。1両目はシネマブースで、秩父地域を舞台にした作品など短編映画とアニメを5本程度上映する。2両目のキッズブースは絵本の読み聞かせや木のおもちゃを楽しめる。3両目のミュージックブースはアーティストによる歌と演奏を楽しんでもらう。

熊谷駅を午前10時51分に出発、急行の停車駅に停車し、午後1時27分に秩父駅に到着する。参加費は無料だが、乗車区間の乗車券が必要。乗車した人には特別乗車記念証を進呈する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン