成田空港、機能強化へ道筋 飛行時間延長
19年秋にも

2018/10/26 0:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

成田国際空港会社(NAA)が2019年秋にもA滑走路の夜間飛行時間を午前0時まで延長する方向で地元自治体と調整に入った。地元の同意が得られれば、東京五輪の開幕9カ月前から発着回数を増やせる見込みで、空港の機能強化への道筋が見えてきた。ただ、騒音被害に対する住民の不安は根強く、防音対策や地域振興策の充実など地元の理解を得る努力が欠かせない。

NAAが想定するのは19年の冬ダイヤ(19年10月~20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]