中部企業、決算本格化 原燃料高・中国などが焦点に

2018/10/25 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部企業の2018年4~9月期決算発表が本格的に始まった。製造業を中心に欧米やアジアの需要増を背景に業績を伸ばす企業が相次ぎそうだ。一方で原油をはじめとした原燃料高や、減速感が出てきた中国経済、今夏に相次いだ自然災害など企業を取り巻く環境は不透明さを増している。通期の業績予想を据え置くなど先行きを慎重にみる企業が増えそうだ。

■4~9月期決算が本格化

中部の主要企業としては中部電力が26日、JR東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]