トランプ米大統領「皇太子に最終的責任」サウジ記者殺害で

2018/10/25 18:01
保存
共有
印刷
その他

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子番)は24日、トランプ米大統領のインタビューを掲載した。トランプ氏はサウジアラビア人の著名記者、ジャマル・カショギ氏が殺害された事件に関し、ムハンマド皇太子に最終的な責任があるとの認識を示した。

トランプ氏は事件に関与していないとの同皇太子の主張について「信じたい」と述べた。一方でサウジ国内で同皇太子の影響力は絶大だと指摘。「誰かが動いたとすれば、ムハンマド氏だろう」とも述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]