2019年7月16日(火)

プロ野球

大阪桐蔭・根尾は中日が交渉権 ドラフト会議
藤原はロッテ、小園は広島

2018/10/25 17:31 (2018/10/25 18:06更新)
保存
共有
印刷
その他

4球団が1位指名で競合した大阪桐蔭高の根尾昂内野手を引き当て、喜ぶ中日の与田剛新監督(左端)=共同

4球団が1位指名で競合した大阪桐蔭高の根尾昂内野手を引き当て、喜ぶ中日の与田剛新監督(左端)=共同

プロ野球のドラフト会議は25日、東京都内で開かれ、投打で甲子園の春夏連覇に貢献した大阪桐蔭高の根尾昂内野手は中日、日本ハム、巨人、ヤクルトの4球団が1位指名し、抽選の末、中日が交渉権を獲得した。

根尾のチームメートで夏の甲子園で3本塁打を放った藤原恭大外野手は楽天、阪神、ロッテが競合してロッテがくじを引き当てた。遊撃の守備で評価が高い小園海斗内野手(兵庫・報徳学園高)はオリックス、DeNA、ソフトバンク、広島の4球団が競合し、広島が交渉権を獲得した。西武は日体大の松本航投手を単独指名した。

外れ1位でも抽選が相次ぎ、楽天、阪神、巨人、ソフトバンクが指名した辰己涼介外野手(立命大)は楽天が交渉権を得た。今夏の甲子園で準優勝して評価を上げた金足農高(秋田)の吉田輝星投手は日本ハム、太田椋内野手(奈良・天理高)はオリックスに交渉権。東洋大の上茶谷大河投手はDeNAがヤクルトとの抽選を制した。

2度抽選を外した巨人は高橋優貴投手(八戸学院大)、ヤクルトは清水昇投手(国学院大)、ソフトバンクは右腕の甲斐野央投手(東洋大)、阪神は近本光司外野手(大阪ガス)を指名した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

DeNA戦に先発した広島・九里(15日、横浜)=共同

【広島8―5DeNA】広島が連敗を11で止めた。一回に鈴木の2点二塁打や松山の適時打などで4点を先制。三回には会沢と安部の適時打で2点を奪った。 …続き (15日 22:44更新)

 プロ野球は15日にセ、パ両リーグともに後半戦が始まる。セは巨人が5年ぶりの優勝へ9.5ゲーム差で首位を独走し、パは2年ぶりの制覇を狙うソフトバンクが2位日本ハムに7ゲーム差をつけている。
 セは巨人が …続き (14日 20:15)

 ロッテは14日、新外国人として今季途中まで米大リーグのインディアンスでプレーしたレオネス・マーティン外野手(31)=189センチ、91キロ、右投げ左打ち=を獲得したと発表した。1年契約で年俸は30万 …続き (14日 12:28)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。