2019年7月24日(水)

パナソニック、中国の火鍋店に自動配膳ロボを納入

2018/10/25 17:13
保存
共有
印刷
その他

パナソニックは25日、中国大手火鍋チェーンの海底撈(ハイディーラオ)が北京で開業する新店に厨房の自動化設備を納入したと発表した。両社は3月に自動化設備を手掛ける合弁会社を設立し、今回が機器納入の第1弾となる。中国では人件費が上昇し、レストラン経営でも省人化の需要が高まっている。海底撈の店舗を手始めに、中国市場を開拓する考えだ。

北京店の厨房にはロボットが並ぶ

納入したのは火鍋の具材を自動で配膳するロボットだ。顧客がタブレットを通じて注文した情報に応じてロボットが皿に付いたICタグを読み取り、アームで注文の品をトレーに配膳する仕組み。パナソニックが持つロボットや画像認識などの技術を活用した。

海底撈は旗艦店の2~3店舗に同様の自動化設備を導入する。機器自体のコストダウンや省スペース化を進め、他の店舗への導入を目指す。

両社は同日に都内で記者会見した。パナソニックの樋口泰行専務執行役員は「自動化の対象をさらに広げたい」と述べ、海底撈の張勇董事長は「業務を自動化させる店舗を広げて外食業界全体を変えたい」と話した。

海底撈は中国や香港、台湾、日本などで363店を展開しており、9月には香港証券取引所に上場した。

(田辺静)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。