エニーマインド、LINEとデジタル広告で協業

2018/10/28 17:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人工知能(AI)を使って広告や採用支援を手掛けるエニーマインドグループ(シンガポール)は、LINEなどから1340万ドル(約15億円)を調達した。東南アジアを中心に世界11カ国・地域に展開する強みを生かし、アジア事業の拡大を急ぐLINEとデジタル広告分野で協業を進める。

第三者割当増資を実施してLINEのほか、スパークス・グループが運用する未来創生ファンド、ジャフコアジア、ドリームインキュベータ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]