/

この記事は会員限定です

[FT]未公開株に向かうオルタナ投資 ヘッジファンド超える見通し

[有料会員限定]
Financial Times

今後5年以内に未公開株がヘッジファンドを抜き、オルタナティブ(代替)資産としては最大になるという調査結果が公表された。収益を求める投資家が、公開株式市場ではなく未公開市場へ押し寄せるためだ。

英調査会社プレキンがファンドマネージャーと投資家420人によるアセットクラスの予測を集計し、平均値として出したもの。

ヘッジファンド、未公開株、民間債およびインフラ、天然資源、不動産ファンドなどのオルタナティ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1594文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン