2018年11月19日(月)

セブンコーヒーに新型機 容器で種類を自動判断

小売り・外食
2018/10/25 15:52
保存
共有
印刷
その他

セブン―イレブン・ジャパンは25日、いれたてコーヒー「セブンカフェ」に新型機を導入すると発表した。ホットとアイスや容器の大きさを自動で検知するセンサーを備える。利用客がコーヒーの種類を選ぶ必要をなくし、押し間違いを防ぐ。コーヒーを抽出する時間は従来よりも1割強短くし、利用客の待ち時間も減らす。

25日に東京都内で開いた記者発表会で、新型機の導入の狙いについて商品本部の高橋広隆総括マネジャーは「使い方が分からない人や待ち時間を嫌う人の利用につなげたい」と話した。12月以降の新店や改装店に順次、導入を始める。2万店超の既存店舗への導入時期については「調整中」として明らかにしなかった。投資額は非公表。

新型機では利用客が購入するコーヒーの種別を選ぶ必要がない

新型機では利用客が購入するコーヒーの種別を選ぶ必要がない

新型機はブラックコーヒー専用で、利用客がカップを置くと内蔵したセンサーが自動でアイスやホットなどの種別を識別。画面には抽出を開始するための「PUSH」ボタンのみが表示される。利用客が容器サイズやアイス・ホットの種別を選ぶ必要がない。

コーヒーの抽出時間も短くした。たとえばホットのレギュラーサイズではこれまでの45秒から39秒に1割強短縮した。アイスのレギュラーでは45秒が42秒となる。

セブンイレブンでは2013年にいれたてコーヒー「セブンカフェ」の本格展開を始めた。17年の「カフェラテ」導入に合わせて順次、コーヒー機を刷新。今回で3代目となる。

11月からは「カフェラテ」も刷新する。ミルクの原料を変更し、甘味やコクを引き立てたほか、泡立ちをきめ細かくしたという。「セブンカフェ」シリーズで18年度に17年度比で1割増の11億杯の販売を目指す。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報