2018年12月19日(水)

民泊の安全・効率化後押し 認証代行、連絡の手間省く

住建・不動産
2018/10/26 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

空き部屋などに旅行者を有料で泊める民泊を後押しするサービスが広がっている。6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行で民泊は解禁されたが、安全性や収益確保の難しさから撤退する事業者も多い。本人確認を支援したり、宿泊後にメッセージをやりとりする手間を省いたりするサービスが人気を集めている。

インターネット上の投稿監視を手掛けるイー・ガーディアンは民泊の利用者が本人であることを認証するサービスを始めた。チ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報