/

この記事は会員限定です

民泊の安全・効率化後押し 認証代行、連絡の手間省く

[有料会員限定]

空き部屋などに旅行者を有料で泊める民泊を後押しするサービスが広がっている。6月の住宅宿泊事業法(民泊新法)施行で民泊は解禁されたが、安全性や収益確保の難しさから撤退する事業者も多い。本人確認を支援したり、宿泊後にメッセージをやりとりする手間を省いたりするサービスが人気を集めている。

インターネット上の投稿監視を手掛けるイー・ガーディアンは民泊の利用者が本人であることを認証するサービスを始めた。チ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン