データ分析の専門家を育成 KDDI、まず数十人

2018/10/25 14:03
保存
共有
印刷
その他

KDDI(au)は25日、顧客のビッグデータを分析する専門家の育成に乗り出すと発表した。まず数十人を対象に3カ月間の集中プログラムを提供する。許諾を得たau契約者の年齢や位置情報などを分析し、これまで見えなかったニーズを掘り起こす狙い。インターネット通販や金融サービスで新たな提案につなげる。

11月1日に集中プログラムを始める。新サービスの開発を手がける企画部門などから数十人を募った。参加する社員は期間中、通常業務を休んで技術の習得に専念する。

東証マザーズ上場でデータ分析のアルベルトの育成プログラムをベースにする。KDDI傘下のデータ分析会社、アライズアナリティクス(東京・渋谷)も協力する。対象者は座学やパソコンを使った演習などを通じて技術を身につける。プログラムを受けた後は各部署でデータ分析の専門家として働く。

KDDIは許諾を得たauユーザーの性別、年齢、位置情報などを分析している。ビッグデータの分析能力を高めることで顧客一人ひとりの嗜好を見極め、新サービスの開発につなげる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]