/

明治大学で1147人の個人情報漏洩、同じ手口で2度目

日経クロステック

明治大学は2018年10月24日、メールシステムに不正アクセスを受けていたと発表した。同大学の教職員など3人のメールアカウントが第三者に乗っ取られ、メールの送受信データから3アカウント合計で1147人の個人情報が漏洩していた。加えて、3アカウントから合計6972件のスパムメールが送信された。

3アカウントが乗っ取られ、スパムメールが送信されたのは18年7月28日から8月28にかけて。漏洩した個人情報は、同大学の教職員や学生、卒業生の氏名やメールアドレス、電話番号などである。

明治大学が利用しているメールシステムは米マイクロソフト(Microsoft)のクラウドサービス「Office 365」。IDとパスワードが第三者に推測され、不正にログインされた。

明治大学は、個人情報が漏洩した対象者に対して、個別に状況の説明と謝罪をしている。再発防止策として、一定期間パスワードを変更していない利用者のアカウントをロックするほか、システムのセキュリティーを強化したり、利用者向けの講習会を開催したりするという。

明治大学は18年7月26日にも、同様の不正アクセスを受けていたことを公表していた。再発防止の対策を進めているなかで今回の漏洩が発覚した。

(日経 xTECH 矢口竜太郎)

[日経 xTECH 2018年10月24日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン