/

トレンドマイクロ、ブラウザー履歴収集で新事実発覚

日経クロステック

米アップルがプライバシーに関する懸念からトレンドマイクロのmacOS・iOS向けアプリの公開を停止している問題で、トレンドマイクロは2018年10月24日、個人データ収集に関する従来の説明に誤りがあったと発表した。

トレンドマイクロはmacOS向けの「Dr. Cleaner(国内製品名:ライトクリーナー LE)」「Dr. Cleaner Pro(国内製品名:ライトクリーナー)」「Dr. Antivirus」「Dr. Unarchiver」「Dr. Battery」「Duplicate Finder」の6アプリで、ブラウザーの閲覧履歴を収集していた。これまでは、6アプリの全てについて、ウェブサイト上の「Data Collection Notice(日本語:プライバシーと個人データの収集について)」というページで、ブラウザーの閲覧履歴を収集していることを明示していたと説明していた。

だが2018年10月24日の発表で、6アプリのうちバッテリー最適化アプリ「Dr. Battery」については、9月10日時点ではウェブサイト上でブラウザー閲覧履歴の収集について記載がなかったとした。トレンドマイクロはこれまで、ブラウザー閲覧履歴の収集について明示しているため問題ないと主張していた。だが「Dr. Battery」については収集の事実を明示していなかったことになる。現在は記載を追加済みである。

アップルによるトレンドマイクロ製アプリの公開停止は2018年10月24日午後8時時点でも続いている。店頭でセキュリティー対策ソフト「ウイルスバスター クラウド」のパッケージを購入しても、iOS版アプリを入手できないためiPhoneなどのデバイスでは利用できない状況だ。

トレンドマイクロは2018年10月5日に「公開再開に向けてアップルとの調整を進めている」と発表したが、その後は発表内容を更新していなかった。日経コンピュータの取材に対し、トレンドマイクロ広報は「(10月24日時点では)引き続き調整を進めている状況。進展があれば速やかに告知する」と説明した。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 清嶋直樹)

[日経 xTECH 2018年10月24日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン