/

運転士は事故前に報告 列車事故で台湾当局調査

【台北=共同】台湾の特急列車脱線事故で、台湾当局の事故調査チームは25日までに、運転士は事故前に列車自動制御保護システム(ATP)を切ったことを運行管理員に報告していたと発表した。運行主体の台湾鉄路管理局(台鉄)は運転士が報告していなかったと発表したが、これを否定した。

事故調査チームによると、運転士は特急の走行中に動力系統の異常に気づいた後、運行管理員と連絡を取り続けており、事故約4分前の21日午後4時46分にATPを切ったと伝えていた。

運転士は動力系統に問題があったためATPを切ったと主張。しかし台鉄幹部は24日の記者会見で、ATPに異常はなく、運転士がATPを切ったと連絡した記録もなく、管理当局は切ったことを知らなかったと発表。運転士が速度超過させた人為的ミスが事故の主因だと説明していた。

調査チームの責任者は中央通信社の取材に「台鉄がなぜ、そのようなことを言うのか分からない」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン