給与のデジタルマネー払い解禁 銀行独占に「風穴」

2018/10/25 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

厚生労働省はデジタルマネーでの給与支払いを解禁する方針だ。給与の支払い手段は労働基準法で規制され、銀行口座が事実上、独占的な地位を占めている。この規制緩和によって、市中から預金を集めて貸し出すという商業銀行の伝統的なビジネスモデルに変革をもたらす可能性がある。

【関連記事】デジタルマネーで給与 厚労省、19年にも解禁

25日午前、都内のいくつかの銀行ATMを見ると、いつもより長い行列ができていた。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]