2019年5月22日(水)

米新築一戸建て住宅販売 9月5.5%減 予測大きく下回る

2018/10/25 2:13
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=長沼亜紀】米商務省が24日発表した9月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は55万3000戸で、前月比5.5%減少した。4カ月連続の減少で、2016年12月以来1年9カ月ぶりの低水準となった。ダウ・ジョーンズまとめの市場予測(62万5000戸程度)も大きく下回った。前年同月比では13.2%減。前月分も4万4000戸下方修正され58万5000戸になった。

米コロラド州の一戸建て建築現場=ロイター

9月の販売価格(中央値)は32万ドル(約3600万円)で、前年同月比3.5%値下がりした。

米長期金利の上昇を受け上昇している住宅ローン金利や、税制改革による住宅ローン控除規定の変更が重荷になっているとみられる。MUFGユニオンバンクのエコノミストは「販売が上向かなければ住宅建設業者はいずれ建設をやめる」と指摘し、「新築住宅販売が下がり続ければ3%の経済成長は維持できない」との見方を示した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報