/

この記事は会員限定です

サウジ皇太子「犯人は罰せられる」 記者殺害、自身の責任触れず

(更新) [有料会員限定]

【リヤド=岐部秀光、イスタンブール=佐野彰洋】著名記者の殺害事件で国際的な批判を浴びるサウジアラビアの実力者ムハンマド皇太子は24日、リヤドで開いた国際投資会議に出席し、事件に関し「正当化できない。犯人は罰せられる」などと述べた。真相究明へ事件の舞台となったトルコ当局と「協力する」とも語ったが、自身の関与や責任には言及しなかった。

サウジ政府を批判していた記者、ジャマル・カショギ氏の殺害事件発覚...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り412文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン