2019年8月25日(日)

東芝メモリ、19年上場目指す 設備投資資金の確保急ぐ

2018/10/24 22:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

6月に米ベインキャピタルなど日米韓連合の傘下に入った東芝メモリが、東京証券取引所への新規株式公開(IPO)に向けた検討に入った。早ければ2019年の株式上場を目指して主幹事証券会社の選定を進めている。半導体事業に必要な巨額の設備投資資金の調達に向けて早期に上場企業に復帰することが必要だと判断したもようだ。

東芝メモリはデータ保存に使う半導体メモリーで韓国サムスン電子に次ぐ世界2位。IPOは当初、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。