/

この記事は会員限定です

相談役・顧問制度2社に1社、最多は三菱UFJの13人

[有料会員限定]

企業統治(コーポレートガバナンス)助言会社のプロネッド(東京・港)は上場企業の相談役・顧問制度の開示状況をまとめた。上場企業の2社に1社が相談役制度を持ち、平均で1.7人の相談役・顧問がいる。ただ、制度の有無を外部に開示している企業は半数にとどまり、説明責任を求める株主や投資家の声が強まりそうだ。

ガバナンス改革を背景に今年1月から東京証券取引所で、相談役・顧問の氏名や業務内容、報酬の有無などの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り593文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン