/

この記事は会員限定です

中国シェア自転車大手オッフォ、日本撤退の意向

大津、和歌山、北九州の3市に伝える

[有料会員限定]

中国のシェア自転車大手、北京拝克洛克科技が日本国内で事業を展開する大津市と和歌山市、北九州市に対し、日本から撤退する意向を伝えていたことが24日までに分かった。同社は「ofo(オッフォ)」のブランド名で知られ、シェア経済の旗手として注目されたが、中国での競争激化や放置車両問題に対応するコストのために経営体力が低下していた。

大津市は4月末から同社と組み、自転車400台、専用の駐輪場66カ所でサービ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン