/

この記事は会員限定です

高齢社会に巣くう「地面師」 管理届かぬ土地で被害

真相深層

[有料会員限定]

積水ハウスが架空の土地取引で約55億円を詐取された事件は、地面師グループが再び暗躍している実態を浮き彫りにした。一等地の売買を巡る被害が次々に表面化。背景には2020年の東京五輪・パラリンピックに伴う活発な再開発に加え、空き家など管理の行き届かない土地の増加という日本が直面する問題が横たわる。

「多くの業者が狙う好立地だったため、取引を焦ったのだろう」。JR五反田駅(東京・品川)から徒歩5分のオフィス街。長...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1269文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン