太陽光と風、砂漠の恵み ゴビの潜在力
ポスト平成の未来学

未来学
2018/10/25 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

広大な砂山を悠々と歩むラクダの列。満天の星空。記者(40)の抱く砂漠はどこか幻想的だった。だが実際は雨が極端に少なく、気温変化も激しい、人間が暮らすには過酷な場所。そんな極地に潜在する力を引き出す計画がモンゴルで動き出していると知り、ゴビ砂漠に飛んだ。

10月上旬の夜、氷点下に冷え込む首都ウランバートルに降り立つ。翌早朝から車で南東へ走ること約650キロメートル、中国との国境近くのザミンウードに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]