将棋の加古川青流戦 大橋四段が優勝(盤外雑記)

2018/10/28 2:00
保存
共有
印刷
その他

大橋四段

大橋四段

将棋の第8期加古川青流戦決勝三番勝負で、大橋貴洸四段が梶浦宏孝四段を2連勝で破って優勝した。大橋四段は今年のYAMADAチャレンジ杯に続く優勝となった。加古川青流戦は四段の棋士と奨励会三段の上位者らが争う棋戦。

囲碁の関西棋院の所属棋士が争う第62期関西棋院第一位決定戦三番勝負で、余正麒七段が挑戦者の横田茂昭九段を2連勝で破り、初防衛を果たした。余七段は七段昇段後150勝を挙げ、規定により八段に昇段した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]