2019年6月19日(水)

書斎のゴルフ

フォローする

W・ヘーゲンが贈る勝利へのゴルフゲーム術(4)

(1/2ページ)
2018/11/12 6:30
保存
共有
印刷
その他

 優勝以外に価値はないと勝利にこだわり続け、自分の価値を最高に上げ、名声をほしいままにしたウォルター・ヘーゲン(米国)。試合では常に大立ち回りを演じ、観客を引きつけ、スターとして君臨した。エキシビションマッチを成立させ、観客から入場料を得られるようにし、プロの生活を成立させた。プロとは何か、何をすべきかをわきまえ、すべてを行ったヘーゲンはスイングやショットにこだわりをもたず、ひたすらゲームすること、優勝するためのスコア作りに精力を注いだ。彼のゲーム哲学を学ぼう。(日本経済新聞出版社「書斎のゴルフ VOL.40」から)

ヘーゲンの教え その7

 「2オン2パットの4でなく、3オン1パットでも4は4」

ボビー・ジョーンズはヘーゲンのほぼ10歳年下のアマチュアだったが、全米アマチュア選手権だけでなく、全米オープン選手権や全英オープン選手権にも優勝し、優美なスイングと正確なショットで人気があった。

それだけに、プロのヘーゲンよりも強いのではないかと、2人の対戦を望むゴルフファンが後を絶たなかった。

ヘーゲンはちまたの評価とは違い、勝てる自信はあった。

「自分の方がスイングも悪くショットも荒れる。しかし実際は彼の正確なショットにこそ私のつけいる隙がある。しかも、彼はパットも巧者だが、私のパットは絶好調だった」

こうして1926年にジョーンズのホームコースであるサラソータとヘーゲンのパサディナで36ホールずつのマッチプレーが行われることになった。

ヘーゲンはアウェーとなるサラソータから行うことを望んでいた。なぜか。

「そのほうが発奮してショットに集中できる。負けてもともとだから開き直れる」

コイントスでジョーンズが勝ち、有利と思われるサラソータからとなった。

「スタートホールで私はティーショットをフックし森の端、ボビーはフェアウエー中央へ素晴らしいショットを放った。私は難しい2打目をグリーンに乗せただけ。ボビーは早くもチャンスとみて、ピン目がけて打ったが、グリーンオーバー。無意識に力が入ったのだ」

こうしてヘーゲン4、ジョーンズ5。前半はヘーゲンが3アップとした。

「ボビーが最初からリードすれば波に乗る。それだけは阻止したかった」

後半はジョーンズが素晴らしいショットを放ってもパットが決まらずパー。一方、ヘーゲンはパーオンできなくともアプローチとパットでパーを拾う。

「2オン2パットのパーも、3オン1パットのパーも、パーであることに変わりはない」

こうしたゴルフでヘーゲンはジョーンズにリードを一度も許さず、徐々に追い詰めて8アップで最初の36ホールを終え、もはやジョーンズにはアウェーのパサディナでの逆転は不可能、12&11の大差でヘーゲンが勝利した。

「パット数で私はボビーよりはるかによかった。その結果が勝敗を決したのだ」

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップスポーツトップ

書斎のゴルフ 一覧

フォローする
南田陽平プロはヘッドスピード向上のキーワードとして「クラブの性能を最大限に引き出す」ことと「床反力の活用」を挙げる

 体幹トレーニングとゴルフレッスンの融合を目指す「TAIKANZ GOLF」。計測器のデータとビデオの映像で自分のスイングを客観的に知ることができるゴルフスタジオだ。そこの若手実力派インストラクターで …続き (6/17)

ミスショットをしたあとほど次のアドレスの姿勢が大切。「あごを上げ、胸を張り、口角を上げる」。それだけで良い姿勢になる

 米女子プロゴルフ協会(LPGA)・A級ティーチングプロであるヨッシー小山こと小山佳恵プロ。米国でのティーチング経験を生かして、2015年世界ジュニア日本代表に帯同するなど、日本に戻ってきてからもプロ …続き (6/3)

 米女子プロゴルフ協会(LPGA)・A級ティーチングプロであるヨッシー小山こと小山佳恵プロ。米国でのティーチング経験を生かして、2015年世界ジュニア日本代表に帯同するなど、日本に戻ってきてからもプロ …続き (5/29)

ハイライト・スポーツ

会員権相場情報

[PR]