/

この記事は会員限定です

貿易戦争で中国アルミ流入、UACJ「品質力で対抗」 統合5年で社長

[有料会員限定]

アルミ圧延国内最大手、UACJの石原美幸社長は米中貿易摩擦に関して、「米国が10%の追加関税をかけたことで、中国製のアルミが東南アジアに流入し始めている」と指摘、市況悪化の要因になりかねないとの懸念を表明した。370億円を投じて増産を進めるタイの主力拠点では品質を高め、中国製品と差別化していく考えだ。

日本経済新聞のインタビューに応じた。

アルミ製品の輸入に10%の追加関税をかけた米国では、17年1~10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り290文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン