2019年9月21日(土)

甘さ消える買い取り制度、国民負担増しコスト意識
エネルギー日本の選択「広がるひずみ」(2)

政策研究
2018/10/26 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2012年に始まった固定価格買い取り制度(FIT)。再生可能エネルギーに参入する事業者の拡大で一定の成果をあげた。しかし、普及を優先するあまり割高なコストに目をつむったツケも回ってきた。ほころびが露見した制度の再設計は待ったなしだ。

10月中旬、エネルギー政策を巡る有識者会合。経済産業省はFITの買い取り価格の引き下げ案を示した。「厳しい対応が必要だ」。民間委員からも早急に制度の欠点を改めるべき…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。