/

この記事は会員限定です

弱い送電網、太陽光に影 発電しすぎでブレーキ

エネルギー日本の選択「広がるひずみ」(1)

[有料会員限定]

国が将来の「主力電源」にすると掲げた再生可能エネルギーが壁にぶつかっている。固定価格買い取り制度(FIT)で太陽光発電や風力発電の導入が急速に伸びたものの、九州電力では電力を使い切れずに発電を止める状況が発生した。浮き彫りになってきた課題と今後の対策を探る。

「九電からメールが届きました」。13日夕、カンナ(福岡市)の鉄穴英明社長に社員から連絡が入った。同社は九州4カ所で太陽光発電を実施する。メールの内容...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1039文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン