2018年11月16日(金)

タミヤの「ミニ四駆」を体組成計に タニタがコラボ

ヘルスケア
サービス・食品
2018/10/24 11:10
保存
共有
印刷
その他

健康機器大手のタニタ(東京・板橋)は模型メーカーのタミヤ(静岡市)の代表作、ミニ四駆「アバンテJr.」をモチーフとした体組成計と歩数計を12月中旬に発売する。アバンテJr.が12月に発売30周年を迎えることを記念し、タミヤとコラボレーションした。ミニ四駆やタミヤファンをターゲットに売り込む。

タニタがタミヤとコラボした体組成計(左)と歩数計。ミニ四駆のヒットモデルをデザインした

体組成計のデザインは1988年発売の初代「アバンテJr.」のパッケージをモチーフにした

アバンテJr.をあしらった体組成計と歩数計は車体と同じ青色で、車体のイラストを大きくデザインした。トレードマークともなっている車体後方に書かれた英語のフレーズもプリントした。2つの星が並んだタミヤのロゴマークをデザインした商品も同時に発売する。デザインは黒色でシンプルに仕上げた。

価格は体組成計が税別6000円、歩数計が同2800円。両社のオンラインショップのほか「タミヤ プラモデルファクトリー 新橋店」(東京・港)と「静岡ホビースクエア」(静岡市)で販売する。23日からタニタのオンラインショップで予約の受け付けを始めた。

両社は2016年にツイッターでの交流をきっかけとしてミニ四駆用のはかりを発売しており、コラボ商品の発売は2度目。子供時代にミニ四駆で遊んだファンも30~40歳代にさしかかっており、タニタは「健康を意識するきっかけにしてほしい」(広報)という。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報