化粧品口コミアプリ「LIPS」、10億円調達

2018/10/24 10:56
保存
共有
印刷
その他

化粧品の口コミアプリ「LIPS(リップス)」を展開するAppBrew(アップブリュー、東京・文京、深沢雄太社長)は第三者割当増資でグリーと個人投資家から10億円を調達した。調達資金は人材採用の強化やマーケティング費用に使う。

深沢雄太社長

LIPSは化粧品の口コミを中心に投稿するサービスで、10~20代の女性から支持を得ている。化粧品を使用した感想やメークの仕方などをユーザーが投稿し、投稿を見た人は「いいね!」やコメントを付けることができる。利用者間でやりとりしながら、インスタグラムなど若年層が慣れているSNS(交流サイト)の感覚で利用できるのが特徴だ。

2017年1月のサービス開始からユーザー数を増やし、アプリのダウンロード数は150万を超えた。消費者には無料で提供し、化粧品メーカーとのタイアップ広告で収益を得るビジネスモデルだ。資生堂花王などの国内化粧品メーカーを中心に30社、51ブランドから広告出稿の実績がある。

アップブリューは東京大学に在学中の深沢社長が16年に起業。現在は休学して事業に取り組んでいる。「10~20代の女性は商品について調べるよりも、気に入った人が薦める投稿を見て商品を購入する傾向がある」といい、「(モノよりも)『人』を軸にして今の若い世代にあったサービスをつくりたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]