「入試委員、女性の不利益扱いに理解」 東京医科大の第三者委

2018/10/24 10:42
保存
共有
印刷
その他

東京医科大(東京・新宿)の不正入試問題で、合否判定にあたる入試委員の一部が女子の合格者抑制に理解を示す言動をしていたことが24日、第三者委員会の調査報告書で分かった。「大学を支えるポジションに就く女性は男性に比べて少ない」とする発言もあったという。

報告書によると、入試委員の一部は「女性は妊娠や出産というライフイベントがあるので、業務に集中して、技術を高めて、将来的に大学や大学院を支える大事なポ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]