/

11月に米ロ首脳会談 ボルトン氏、プーチン大統領と面会

【モスクワ=小川知世】ロシアを訪問中のボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は23日、モスクワでロシアのプーチン大統領と会談した。11月にパリで米ロ首脳が出席する第1次大戦終結100年記念行事にあわせて首脳会談を開くことで一致。トランプ米大統領が表明した中距離核戦力(INF)廃棄条約の破棄方針も伝えた。

会談でプーチン氏は「米大統領との直接対話の継続は有益だ」と述べ、パリでの首脳会談を提案。ボルトン氏は「トランプ氏が会うのを楽しみにしている」と応じた。米ロ首脳の会談は7月にヘルシンキで会って以来となる。

INF廃棄条約に関して、プーチン氏は「米国の根拠のない非友好的な行動に驚いている」と述べ、米国の破棄方針について説明を求めた。ボルトン氏はロシアが同条約に違反し、中国やイラン、北朝鮮が軍備を増強するなか「義務を果たしているのは米国だけだ」と強調した。

ロシア側は条約に違反しているのは米国だと主張している。違反の有無をめぐる米ロの主張は平行線をたどり、プーチン氏との会談でも隔たりは埋まらなかったとみられる。

ボルトン氏は22~23日にパトルシェフ安全保障会議書記、ラブロフ外相、ショイグ国防相とも相次いで会談。一連の協議ではシリア情勢やロシアによる米大統領選への介入疑惑に関しても協議したことを明らかにした。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン