2018年11月14日(水)

欧州委、イタリア予算案差し戻し 「財政規律に違反」
3週間以内の再提出を要求

経済
ヨーロッパ
2018/10/23 23:34
保存
共有
印刷
その他

【ブリュッセル=森本学】欧州連合(EU)の欧州委員会は23日、イタリアの2019年予算案を差し戻し、3週間以内に再提出を求めると決めた。EUの財政規律ルールへの深刻な違反があると判断した。欧州委は13年にユーロ加盟国の予算を事前審査する制度を導入したが、実際に差し戻したのは初めて。イタリアとEUの対立が深刻化すれば、債券市場の動揺を招く懸念もある。

イタリアの予算案が欧州委に差し戻された(コンテ首相)=ANSA・AP

欧州委でユーロ問題を担当するドムブロフスキス副委員長は23日、仏ストラスブールでの会合後に記者会見し「イタリアは公然かつ意図的に過去の約束に逆らった」と指摘。放置すれば「すべてのユーロ加盟国が被害を受ける」と説明した。

イタリアは3週間以内に修正案を提出し、その後、3週間以内に欧州委が修正案に対する見解を示す。イタリアが修正を拒めば、欧州委は制裁措置の発動に向けた手続きに入る見通し。最大で国内総生産(GDP)比0.5%相当の制裁金を科す可能性がある。

イタリアの19年予算案は低所得層向けの最低所得保障や減税を盛り込む一方、借り入れ頼みでバラマキ色が強い。政府債務残高はGDP比130%超と、EU基準の60%を上回る。欧州委は債務膨張が加速し、通貨ユーロの信認を揺るがしかねないと懸念している。

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報