自民選対、執行部が一層前に 勝敗の責任重く

2018/10/24 2:00
保存
共有
印刷
その他

自民党の選挙対策委員会の顔ぶれが23日、決まった。安倍晋三首相や二階俊博幹事長に近い議員が要職を固めている。2019年春の統一地方選と夏の参院選の候補者擁立に向けた調整で、党執行部がこれまで以上に前面に出る。各派閥に任せない体制だけに、勝敗に関する責任は重くなる。

選対委員長は幹事長などと並ぶ党四役の一つで、すでに麻生派の甘利明氏が就いている。甘利氏は麻生太郎副総理・財務相や菅義偉官房長官と同じ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]