2019年3月27日(水)

生乳生産、北海道地震の影響少なく 18年度0.5%減

2018/10/23 19:45
保存
共有
印刷
その他

牛乳や乳製品の生産者団体やメーカー団体で構成するJミルク(東京・中央)は23日、2018年度の生乳生産量が前の年度に比べて0.5%減の725万7000トンになるとの見通しを発表した。7月に発表した予測値を0.2ポイント下方修正した。北海道地震の影響で北海道の生産量の大幅減少が危惧されていたが、前回の見通しから大幅な変動はなかった。

北海道の生乳生産量は2017年度比0.6%増の見通し

北海道の生産量は前年度比0.6%増の393万9000トン。他の都府県は前年度比1.7%減の331万7000トン。北海道では9月、地震に伴う停電で一時乳業工場の生産が停止。9月6~10日までは約2万トンの生乳が廃棄されたが「9月下旬以降は前年同期を上回る生産量まで回復してきている」(Jミルクの前田浩史専務理事)という。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報