/

生乳生産、北海道地震の影響少なく 18年度0.5%減

牛乳や乳製品の生産者団体やメーカー団体で構成するJミルク(東京・中央)は23日、2018年度の生乳生産量が前の年度に比べて0.5%減の725万7000トンになるとの見通しを発表した。7月に発表した予測値を0.2ポイント下方修正した。北海道地震の影響で北海道の生産量の大幅減少が危惧されていたが、前回の見通しから大幅な変動はなかった。

北海道の生産量は前年度比0.6%増の393万9000トン。他の都府県は前年度比1.7%減の331万7000トン。北海道では9月、地震に伴う停電で一時乳業工場の生産が停止。9月6~10日までは約2万トンの生乳が廃棄されたが「9月下旬以降は前年同期を上回る生産量まで回復してきている」(Jミルクの前田浩史専務理事)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン