2019年6月24日(月)

NHK経営委員長、受信料の引き下げ方針を支持

2018/10/23 19:40
保存
共有
印刷
その他

NHKの石原進経営委員長は23日の記者会見で、上田良一会長が2019年度にも受信料を引き下げる方針を明らかにしたことについて「いいタイミングで表明した」と述べて、NHK執行部を支持する考えを明らかにした。

下げ幅については「NHK執行部が数字を詰めている」と語るにとどめ、経営委員長としての考えは示さなかった。

NHKの上田会長は12日の記者会見で、早ければ2019年度にも受信料を引き下げると表明。引き下げ幅と実施時期については「経営委員会と議論して詰める」と説明していた。値下げは12年10月に7%下げて以来となる。

NHKは19年度にテレビ番組とインターネットの常時同時配信を始めることを目指している。総務省の有識者検討会は、ネット同時配信の条件として受信料の引き下げなどを求めていた。

NHKの経営委員会は経営の大きな方針について決める権限を持つ。23日の記者会見はNHKの上田会長が受信料の引き下げを表明してから初めての機会で、石原委員長がNHK執行部の方針を支持するかどうかに注目が集まっていた。

NHKは事業所向けの割引制度を拡充することも公表した。同一建物内に複数のテレビを設置するホテル向けの制度と全国各地に事業所を構える銀行などの事業所を対象にした制度が併用できるようになる。受信料収入が堅調であるためだ。意見を募集して19年4月1日から実施する。

(新井重徳、広井洋一郎)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報