人材各社、障害者の働き方支援 法定雇用率上げに対応

2018/10/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人材サービス各社が障害のある社員のサポートに力を入れている。在宅で働けるシステムを採用したり、メンタルチェックで症状を管理したりと、仕組み作りを急ぐ。政府は障害者の法定雇用率を引き上げる。中央省庁で雇用水増しが相次いだことで、適切な雇用のあり方に対する関心も高まっている。知見を蓄積し、企業向けのコンサルティングなどにつなげる。

4月に改正障害者雇用促進法が施行され、企業の法定雇用率が従来の2.0…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]