/

この記事は会員限定です

人材各社、障害者の働き方支援 法定雇用率上げに対応

[有料会員限定]

人材サービス各社が障害のある社員のサポートに力を入れている。在宅で働けるシステムを採用したり、メンタルチェックで症状を管理したりと、仕組み作りを急ぐ。政府は障害者の法定雇用率を引き上げる。中央省庁で雇用水増しが相次いだことで、適切な雇用のあり方に対する関心も高まっている。知見を蓄積し、企業向けのコンサルティングなどにつなげる。

4月に改正障害者雇用促進法が施行され、企業の法定雇用率が従来の2.0%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1154文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン