/

この記事は会員限定です

長銀破綻20年、サマーズ氏の介入を拒否 安斎隆元頭取

[有料会員限定]

日本長期信用銀行(長銀)の破綻から23日で20年たった。破綻後、長銀のトップについた安斎隆氏(セブン銀行特別顧問)に聞いた。主なやり取りは以下の通り。

――金融危機が起こる直前はどんな状況だったのでしょうか。

「1998年3月の佐々波委員会では約13兆円の金融機関への資本注入枠があるのに、わずか1兆8千億円しか使わなかったと民主党に指摘され、金融安定化法の機能が停止した。日銀で理事をしていた私は民主党の仙谷由人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1482文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン