タイ最南部和平前進に期待 マハティール氏訪タイへ
イスラム武装勢力との間を仲介

2018/10/23 18:00
保存
共有
印刷
その他

【バンコク=小谷洋司】タイからの分離独立を掲げるイスラム武装勢力が同国最南部で15年近くもテロを繰り返している問題で、再登板したマレーシアのマハティール首相による和平仲介への期待が高まっている。マハティール首相は再登板後初めて24日からタイを公式訪問する。タイのプラユット暫定首相との間で和平対話の推進を確認するとみられる。

武装勢力が活動するのはパタニなど3県を中心とするタイ最南部。住民の8割以…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]