2019年9月22日(日)

スペシャル

フォローする

卓球Tリーグ開幕 アジアや欧州の強豪も参戦

(1/2ページ)
2018/10/24 2:30
保存
共有
印刷
その他
 卓球の新リーグ「Tリーグ」が24日、東京・両国国技館で開幕した。これまで国内リーグに参加していなかった日本のトップ選手の多くが顔をそろえ、アジアやヨーロッパの強豪も参戦。日本選手にとっては2020年東京五輪に向けた格好の強化の場であり、卓球を国民的スポーツとして根付かせられるかを占う大きな挑戦でもある。

日本代表の平野(右から2人目)と早田(同4人目)を擁し、初代チャンピオンを狙う

日本代表の平野(右から2人目)と早田(同4人目)を擁し、初代チャンピオンを狙う

平野・早田、「世界」を意識

石川佳純(世界ランク4位)が木下アビエル神奈川から参戦、伊藤美誠(同8位)は出場見送り――。動向が注目された日本のトップランカー2人が正反対の決断を下したのは、開幕まで1カ月を切った今月初旬のことだった。

2020年東京五輪まで2年を切り、いよいよ準備態勢に入る時期に新リーグは始まる。「五輪に向け限られた時間を強化に専念したい」と伊藤は辞退理由を語った。石川もギリギリのタイミングで参戦を決めた一方、日本生命レッドエルフの二枚看板、平野美宇(同9位)と早田ひな(同31位)の決断は早かった。

「すごく迷ったが、世界一のリーグを目指すというTリーグでレベルアップしたい」。8月1日の記者会見でこう参戦理由を語ったのは平野。2年前に中国超級リーグに挑み、国際大会での飛躍につなげた18歳は「観客の盛り上げで自分も成長できた。強い選手に対し、練習してきたことを試したい」と意欲的だ。

TOP名古屋の鄭怡静(台湾)と徐孝元(韓国)、日本ペイントマレッツのフェン・ティアンウェイ(シンガポール)……。世界最強の中国の上位陣こそ不在だが、アジアのエース級がこぞって参戦を決めたことで「世界一のリーグ」(松下浩二チェアマン)に向けた環境は初年度から整いつつある。東京五輪で中国と戦うまでに倒さなくてはいけない相手がそろった。

早田もTリーグへの思いは強い。恵まれた体格から繰り出すフォアハンドが持ち味だが、このところワールドツアーでは初戦敗退が続く。トップ選手相手には「ラリー力や戦術のうまさが足りない」と痛感。最近は武器を生かせるよう体力強化に時間を割いているといい、Tリーグは成果を試す格好の場だ。「世界ランキングが上の選手と多く試合ができる可能性がある。ぶつかったら、思い切って自分のプレーをしたい」と誓う。

日本リーグ時代から約30年にわたって日本生命を率いる村上恭和総監督にとっても、新リーグ誕生は待望の出来事だ。12年ロンドン、16年リオデジャネイロ両五輪の日本女子監督も務めた経験から「大勢のお客さんの前で負けられない緊張感を経験することが何よりも成長につながる」との強い思いがあるからだ。

Tリーグで強豪とぶつかって研さんを積み、主戦場のワールドツアーや世界選手権でも結果を出す。若い2人を中心にそんな好循環が生まれれば、「初代女王」という栄冠にも、「打倒中国」という目標にも一歩近づくに違いない。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
瀬戸は6月の欧州遠征で自己ベストをマーク=共同共同

 12日に韓国・光州で開幕した水泳世界選手権。メダルラッシュが期待される競泳ニッポンは21日から登場する。競泳陣にとって、今大会は金メダルを獲得すれば来年の東京五輪代表に内定する、いわば五輪前哨戦。2 …続き (7/19)

2020年東京五輪のチケットの販売方法について発表する北島康介さん(東京都港区)=共同共同

 2020年東京五輪のチケット抽選申し込みが、公式販売サイトで9日午前10時から始まる。1人が購入できるのは最大30枚で、申込期間は28日までの20日間と決して長くはない。今から観戦したい競技種目や日 …続き (5/2)

 卓球の世界選手権個人戦が21~28日、ブダペストで行われる。来年の東京五輪で悲願の金メダルを目指す卓球ニッポンは、最強中国を相手に快進撃を続ける伊藤美誠(スターツ)が半世紀ぶりの、高校生になった張本 …続き (4/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。