/

この記事は会員限定です

「医師がアプリ処方」実現近づく 禁煙用、初の申請へ

[有料会員限定]

医師が患者に薬だけでなくスマートフォン(スマホ)アプリを処方する日が近づいてきた。2019年にも日本で禁煙治療用のアプリが第1弾として登場する見込みだ。開発コストは医薬品の100分の1とされ、先行する米国ではアルコール中毒やうつ病などにも対象が拡大している。欧米の製薬大手や米グーグルなどIT(情報技術)大手も開発に乗り出しており、医療のあり方を一変させる可能性が広がっている。

治験終え来年申請へ

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1525文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン