/

世界最長の海上橋、香港・マカオに24日開通

(更新)

【香港=木原雄士】香港とマカオ、中国広東省珠海市を結ぶ世界最長の海上橋「港珠澳大橋」が24日に開通する。23日に開いた記念式典には中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席が出席した。広州や深圳を含む中国本土と香港を一体的な経済圏とみなす「ベイエリア構想」を内外にアピールする。

港珠澳大橋は海底トンネルや橋梁、人工島などからなる全長55キロメートルの巨大プロジェクト。香港国際空港があるランタオ島とマカオ、珠海を結び、総工費は1千億元(約1兆6千億円)超とされる。陸路で約4時間かかっていた「香港―珠海」は45分、フェリーで1時間の「香港―マカオ」は30分ほどで行き来できるようになる。

中国政府は中国本土の広東省と香港、マカオの連携を深める「粤港澳大湾区(グレーターベイエリア)」構想を推進している。9月には香港と広州を結ぶ「広深港高速鉄道」が全線開業した。交通インフラの充実によって域内で事業を展開しやすくする。

米国との貿易戦争が深刻になる中、ハイテク企業が集まる深圳や自動車産業の中心地である広州と金融・物流センターの香港を結びつけて、経済のけん引役としたい考えだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン