/

この記事は会員限定です

日中、試される複眼思考の外交 米中の後追いは過去

平和友好条約40年(上)

[有料会員限定]

中国の習近平(シー・ジンピン)国家主席の表情がいつになく柔和になった。9月12日のロシア・ウラジオストクでの日中首脳会談。安倍晋三首相が日本産食品の規制の緩和を求めると習氏は「日本のコメはおいしい」と笑みを浮かべた。普段、日本との間合いをはかる習氏が私的な話題を織り交ぜるのは珍しい。この会談で10月の首相の訪中が決まった。

訪中の擦り合わせは9月下旬、景勝地・蘇州の「金鶏湖大酒店」で催された。「『...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン