/

この記事は会員限定です

東南ア、車の保護主義連鎖(ASIA政策ナビ)

非関税障壁、シェア8割の日本勢に影

[有料会員限定]

東南アジアで自動車貿易を巡って保護主義が広がる懸念が強まっている。インドネシアは事実上の輸入数量制限を打ち出した。ベトナムが年初に始めた規制では完成車の同国向け輸出が一時止まった。域内では自動車関税が撤廃された一方、非関税障壁が広がる気配を見せる。東南アジアは日本勢が8割のシェアを握る牙城だ。保護主義の連鎖により、主力拠点とするタイからの生産分散を迫られる可能性もある。

インドネシアの輸入規制は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1247文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません