/

この記事は会員限定です

生誕250年、栃木の偉人「蒲生君平」精神で学ぶべきもの

[有料会員限定]

栃木県人に「郷土の偉人は」と尋ねると、初代横綱の明石志賀之助、足尾鉱毒事件の田中正造などと並び、江戸後期の学者、蒲生君平の名前が挙がる。前方後円墳の名付け親として知られるが、「考古学者、歴史学者、政治学者、軍事学者、漢文・国文学者、儒学者そして教育者と7つの顔を持つ」と郷土史家の阿部邦男氏は評する。今年は生誕250年。県内各所で記念事業が展開されている。

蒲生君平は林子平、高山彦九郎とともに「寛政...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り749文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン