/

この記事は会員限定です

カンボジアの湖で水草からエタノール、サンウエスパ

[有料会員限定]

カンボジアの湖で繁殖する水草をバイオエタノールに――。資源リサイクルを手がけるサンウエスパ(岐阜市)はカンボジアで水草を資源化する実証実験に乗り出した。同国の湖では水草が増えすぎ、漁船のスクリューに巻き付いて故障させる「厄介者」になっている。古紙を溶かし、エタノールに変える同社の技術を水草に応用する。

国際協力機構(JICA)の補助を得てカンボジアで最大の湖、トンレサップ湖の水草「ホテイアオイ」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り500文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン