カンボジアの湖で水草からエタノール、サンウエスパ

2018/10/22 20:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カンボジアの湖で繁殖する水草をバイオエタノールに――。資源リサイクルを手がけるサンウエスパ(岐阜市)はカンボジアで水草を資源化する実証実験に乗り出した。同国の湖では水草が増えすぎ、漁船のスクリューに巻き付いて故障させる「厄介者」になっている。古紙を溶かし、エタノールに変える同社の技術を水草に応用する。

国際協力機構(JICA)の補助を得てカンボジアで最大の湖、トンレサップ湖の水草「ホテイアオイ」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]