/

避難の猛獣2年半ぶりに戻る 熊本市動植物園

2016年4月の熊本地震で獣舎が損壊するなどした熊本市動植物園に22日、福岡県に避難させていたウンピョウとユキヒョウ計3匹が戻った。23日にはアムールトラとライオン各1匹が戻る。今後、全面開園した際に、これら5匹が一般公開される。

関係者によると、現在、一部設備の復旧作業で開園は土日祝日に限っており、平日を含めた全面開園は12月下旬で調整している。

ウンピョウの雌雄は福岡市動物園から、ユキヒョウの雌は福岡県の大牟田市動物園から同じトラックで戻った。園内に集まった飼育員ら約20人は「お帰り」と拍手で出迎えた。

23日に戻るアムールトラの雌は北九州市の到津の森公園、ライオンの雄は大分県宇佐市の九州自然動物公園「アフリカンサファリ」に避難中。アフリカンサファリからは同日、ライオンの雌1匹を新たに譲り受ける。

5匹は地震直後の16年4月下旬に各園へ避難。獣舎の復旧工事が完了したため戻ってきた。熊本市動植物園の岡崎伸一園長(59)は「全国から多大なる支援をいただいた。逆の立場になれば、協力したい」と話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン