/

この記事は会員限定です

新・英語入試 教育各社どこが潤う

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

2020年度の大学入試改革で大きく変わる英語試験。「読む」「聞く」「書く」「話す」の4技能を問い、民間試験を本格導入する。ベネッセホールディングス(HD)や河合塾など教育大手が新たな市場に期待を膨らませる。ただ教育現場では受験の公平性が確保されるのかどうかを問う声も広がる。

10月中旬、東京・新宿。河合塾主催の「大学入学共通テスト」説明会。大学入試センター試験に代わる新テストを初めて受ける世代となる高校1年生と保護者など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン